読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gentooドキュメントの翻訳

Gentooドキュメント http://www.gentoo.org/doc/en/index.xml にはよくお世話になっているのですが、このドキュメントは 日本語版 もあります。

日本語版は英語版をもとに翻訳されているのですが、記事によっては4年前から更新されていないものもあります。

古くなってしまっている翻訳を更新するには、GitHubリポジトリ(https://github.com/gentoojp/gentoo-doc-ja)のIssueに登録して、プルリクエストを投げると処理してもらえます。


翻訳するには、xml/htdocs/doc/pofiles以下にある、*.poファイルを編集します。

msgidが原文で、msgstrへそれに対する翻訳を書くという流れのようです。

翻訳が一通りおわったら、ルートディレクトリで

$ make report

をすると、正しいフォーマットで翻訳できたかどうかをチェックしてくれます。

このチェックをしないと、プルリクエストを投げたとしてもTravisCIで落ちてしまいます。

チェックが通ったらプルリクエストを投げて、レビューしてもらうのを待ちます。

これが、Gentooドキュメントのおおまかな翻訳フローになります。