読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

railsへの執着はもはや煩悩の域であり、開発者一同は瞑想したほうがいいと思います。 というチームでしたがISUCON5予選ダメでした #isucon

一昨年去年と出てて、今年が3回目のISUCONでした。 去年までは学生枠だったのですが、今年から社会人になってしまったので一般枠になってしまいました。

今年も、去年と同じ id:cnosuke さんと id:k0kubun さんと出ました。

競技中についてはk0kubunさんが大体全部書いてくれました → http://k0kubun.hatenablog.com/entry/2015/09/27/225243

上の記事のとおりですが、k0kubunさんががアプリケーション周りを全体的に、cnosukeさんがnginxとかredis周りとか、自分がMySQL周りを、なんとなく3人で分担してました。

したこと

ひたすらボトルネックを探してそこを潰す、潰したらまた探して潰す、、、という感じの流れでした。 k0kubunさんの記事に書いてあるようにジワジワとスコアが上がっていくのは見ていて楽しかったです。

New Relicとrack-lineprofがひたすら便利でした。 あと、cnosukeさんが書いたnginxのログからアクセス頻度見るツールとか使ってました。

自分はMySQL周りを見ていたので、slow queryを吐き出させてそこから頻出クエリと時間がかかっているクエリを探して、インデックス貼ったりクエリ改善できるかを模索したりしてました。 slow queryを吐き出す設定が何故かファイルに書いても動かなかったので、こんな感じで直接打ってました(適当)。

mysql> SET GLOBAL slow_query_log = 1; # オフにするときは0にする
mysql> SET GLOBAL slow_query_log_file = /var/log/mysql/slow.log;
mysql> SET GLOBAL long_query_time = 0;

以前は適当に手当たり次第「これ直りそうじゃない?」みたいなものを見つけて改善しようとしてましたが、 それだと当たり前ですが効果が全然出ないことが多いので、「推測するな、計測せよ」がメチャメチャ大切だと思いました。


結局最終的にスコア11045で終わりましたが、終了直前にベンチ回したのでもしかしたら若干違うかもです。

足切りラインが14000くらいだったので、もうちょっとで本戦にいけるかもしれなかったので悔しいです(ヽ´ω`)

今年は残念でしたが、また来年開催されましたらぜひ参加したいです!!!